シロウトに相続税の申告書作成は可能なのか

相続税の申告書を、経理の知識・経験はもとよりエクセルのスキルもろくに持ち合わせていなかったシロウトが8か月をかけて作成し、所轄の税務署へ提出。その経験をとおして知ったことや感じたことを綴るブログ。

【 手続き 】ゆうちょ銀行:通帳がない → 入出金明細の発行依頼をする

 

スポンサーリンク

 

この記事では、ゆうちょ銀行で入出金明細の発行を依頼する方法 について書いています。

 

被相続人がゆうちょ銀行に口座を持っていたことはわかっているけれども、いくら探しても通帳が見つからない、ということはあるものです。(我が家がそうでした)

 

通帳がなくても相続の手続き自体はしてもらえます。

しかし、相続税の申告が必要となると、貯金の入出金の履歴がわかるものが必要です。

 

 

そのような場合には、最寄りのゆうちょ銀行/郵便局に入出金明細(通常貯金預払状況調書)の発行依頼をしておきましょう。

 

  

CONTENTS

 

 

  

通帳が見つからないときは、入出金明細が必要

 

冒頭でも書いたように、ゆうちょ銀行の貯金通帳が見つからないときは、入出金明細を発行してもらう必要があります。

 

相続税の申告が必要ない場合には、特に発行してもらわなくても済むことが多いです。しかし、申告をする場合には、死亡年月日時点での残高証明書とともに、口座の入出金の履歴がわかるものを用意し、申告書と一緒に税務署に提出します。

 

口座の入出金の履歴は通帳に記されますので、通帳があれば、貯金の出し入れを把握することができます。

通帳がない場合には、そのかわりになるものとして、ゆうちょ銀行の場合、「通常貯金預払状況調書」というものを発行してもらいます。

 

 

相続税の申告をするときには、相続した財産がいくらなのか、申告書に記入します。しかし、税務署にはその額が本当にただし額なのか、書類だけでは判断がつきません。

 

そこで、エビデンス(証拠書類)として、申告した額・財産の内容が正しい、間違いがない、ということを示す資料を、申告書と一緒に提出します。銀行などの残高証明書や入出金明細も、そのひとつです。

 

 

申告した内容に誤りがないことを示す添付資料は、国税庁の側から必ず提出するようにと求められているものではありません。つまり、絶対に提出が必要、というわけではありません。

 

しかし、申告する側としては、申告内容に間違いがないことを示す意味でも、提出するようにしたいものです。

 

 

入出金明細(通常貯金預払状況調書)はどこへ依頼するか

 

ゆうちょ銀行では、入出金明細は「通常貯金預払状況調書」という名称で発行されます。

 

発行してもらうには、ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で手続きをします。どこのゆうちょ銀行・郵便局でも手続きができるのでとても便利。

 

窓口で、被相続人の口座について入出金明細を発行してほしい旨、担当の方に伝えると申請用の用紙をもらえるので、その場で必要事項を記入し、申込みます。

 

 

いつからいつまでの明細が必要か、確認しておく

 

入出金明細(通常貯金預払状況調書)を申請するときには、いつからいつまでの履歴が必要か、期間を指定します。

ゆうちょ銀行は、その指定に基づいてデータを照会し、調書を作成してくれます。

 

調査が可能なのは、過去10年以内の期間です。ただし、発行申請の手続きをする日から過去10年分なので気をつけましょう。

 

 

相続税の申告書に添付する目的で、通常貯金預払状況調書を発行してもらうのであれば、被相続人が亡くなった日から過去5年分くらいあれば十分かと思います。

 

ゆうちょ銀行の場合、1年分でも5年分でも、手数料は変わらないのでありがたいですね。

 

 

通常貯金預払状況調書を出してもらえるのは、通常貯金だけ

 

「通常貯金預払状況調書」は、名前にもあるとおり、通常貯金について、入出金の明細を調査して出してもらえるものです。

 

被相続人が、通常貯金のほかに、定期貯金や定額貯金をもっていた場合。

定期貯金や定額貯金には、通帳に印字されるような入出金履歴を書面で出してもらうことはできません。

 

 

定期貯金や定額貯金についても出し入れの履歴を出してもらう場合、「写しの請求」というものをします。 

 

 

定期貯金や定額貯金の履歴は、写しの請求で

 

写しの請求、というのは、過去に被相続人が定期貯金や定額貯金について、ゆうちょ銀行の窓口に出した請求書(の、コピー)を、発行してもらう手続きです。

 

 

定期貯金や定額貯金は、現金を預け入れしたり、現金の払い戻しをしたりするときに、請求書に必要事項を記入して窓口に提出します。

 

写しの請求をすると、調査対象として指定した期間について、過去の預払を調べたうえで、過去に被相続人が書いて出した請求書を見つけ出し、そのコピーを出してくれるのです!

 

 

ちなみに、ゆうちょ銀行は定期性の預金(貯金)が何種類もあってヤヤコシイのですよね。「定期貯金」と「定額貯金」というのがあって、定期貯金の中にも何種類もあるし、定額貯金の中にも何種類もある…。

 

 

いずれも、通帳もしくは証書が手元にあれば、被相続人が過去に預入や払戻をした履歴を確認することができます。

しかし、これらが見つからない場合には、通常貯金とは別に、定期貯金や定額貯金についても入出金の明細を発行してもらうことになります。

 

 

f:id:wedidit:20190616092812p:plain

  ↑

担保定額貯金、と書きましたが、同じ総合口座での扱い、ということで

担保定期貯金についても、手続きのとき、窓口の方に念を押して確認をすることが重要かも…。

 

とにかく、通常貯金(ほかの銀行で言う「普通預金」)と、同じ通帳に預入や払戻の履歴が記録されるタイプの定期貯金・定額貯金の場合は、通常貯金と同じ通帳→同じ記号番号になっているかもしれません。 

 

 

特に、「担保」が付く定期貯金または定額貯金について入出金明細がほしいときには、窓口の方に

・通常貯金(だけ)でなく、担保定期貯金(または)担保定額貯金の履歴がほしいこと

・そのために、預け入れや払い戻しの際の、請求書の写しがほしいこと

上記2点を、念を押して伝えるようにしましょう。

 

 

入出金明細が届くまでの期間、方法

 

通常貯金預払状況調書の場合、貯金事務センターというところで作成し、直接、郵便で請求書に書いた住所に送られてきます。

窓口で申請してから手元に届くまで、およそ1週間〜10日。しかし、場合によっては発行まで日数がかかることもあるそうなので、早めに手続をしておかれると安心です。

 

写しの請求をする場合、かなり日数がかかると思っておいたほうがよいです。おそらく窓口の方には「1か月くらいかかる」と言われると思います。

受け取りは、窓口です。書類の準備が整った時点で、申請をしたゆうちょ銀行・郵便局から電話で連絡が来ますので、窓口へ受け取りに行きます。

 

 

f:id:wedidit:20190616092836p:plain

 

 

  

入出金明細の発行依頼、手続きに必要なもの

 

相続したゆうちょ銀行の口座について、通常貯金預払状況調書の発行や、写しの請求をするとき、主に以下の4点が必要になるかと思います。

 

・申請者(相続人)と口座名義人(被相続人)の関係がわかる戸籍

・申請者の実印

・申請者の印鑑証明

・口座名義人(被相続人)の貯金通帳 もしくは 現存照会の調査結果通知

 

ゆうちょ銀行では、相続にともなう書類の提出は、最寄りのゆうちょ銀行/郵便局窓口で行います。可能であれば、相続の手続きをするときと合わせて入出金明細の発行請求もやってしまえると、何度も窓口に足を運ばずにすむのでおすすめです。

 

(参考) 昔の入出金の状況を知りたいのですが、いつまでさかのぼれますか。  

 

 

 

 

  関連記事 

   残高証明書の発行依頼

預貯金 → ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行  

株 式 → 証券会社

 

   入出金明細の発行依頼

預貯金 → ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行